スマートフォンサイトへ

香典返し用カタログギフトの専門店-カタログギフト香典返し.com

香典返しのマナー

香典返しのマナーについて

香典返しについてよくいただくご質問からマナーに関するものをまとめました

 

もくじ

1.香典返しの目安はどのくらいですか?

2.いただいた香典に関係なく即日返しで一律に返しても失礼でないでしょうか?

3.グループからもらった香典のお返し方法は?

4.生花・供物・お見舞いもいただいた場合の香典返しはどうしたらよいですか?

5.のしの「表書き」とはなんですか?

6.のし紙の表書きは何と書くのが正しいですか?

7.のしの「名入れ」とはなんですか?

8.お香典返しの注文はいつまでにしたらよいですか?

9.手配に向けて、まず何をすればよいですか?

10.挨拶状はどのようにしたらよいのですか?

11.差出人はどうしたらよいですか?

12.喪主と施主の違いは?


香典返しの目安はどのくらいですか?

 

香典返しは一般的に「半返し」が目安です

香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをされる方が圧倒的に多いためそのように言われます。

> 「香典返しについて」詳しくはこちら


いただいた香典に関係なく即日返しで一律に返しても失礼でないでしょうか?

 

即日返しの場合でも、高額の香典を頂いた際は後日お返しします

葬儀の当日または通夜に受付でお返しするのが即日返しです。
弔問の方すべてに香典の額に関係なく同一のものを葬儀の場でお返しすることがあります。
そのような場合はおおよそ2,000円~3,100円程度の品物をお返しされているかと思います。
会社関係や特に深いつながりのある親戚などから、高額の香典をいただいたときは、後日(忌明け前後をめどにして)挨拶状を添えて香典返しすれば失礼はないでしょう。

なお、当日にお返しするハンカチなど(500円相当)は会葬御礼品といい、「葬儀当日に来てくださってありがとう」という意味の品であり香典返しではありませんので香典返しの予算とは別に考えられるのが一般的です。


グループからもらった香典のお返し方法は?

 

グループでの香典には、皆さんで召し上がれるものをお返ししてはいかがでしょうか

会社関係者など「○○一同」でいただいた場合の香典返しは、皆さんで召し上がれるもの、お茶やコーヒー、お菓子などをお返しすることが多いようです。


生花・供物・お見舞いもいただいた場合の香典返しはどうしたらよいですか?

 

香典以外の分を含めてお返しします

香典以外にいただいた分もお礼したい場合の香典返しは、お香典額を多めにいただいたつもりでお返しします。


のしの「表書き」とはなんですか?

 

のし紙の上段に記載する用途名です

> 「のし紙のご案内」詳しくはこちら


のし紙の表書きは何と書くのが正しいですか?

 

一般的には「志」が多く使われています

宗教・地域によって異なりますが、「志」はどの宗教でも使えます。
・仏式:志・満中陰志・満中陰 (満中陰は主に関西で使われます)
・神式:志・偲草
・キリスト教式:志・粗品
・年忌・忌明け:粗供養


のしの「名入れ」とはなんですか?

 

のし紙の下段に記載するお名前です

通常、喪主にあたる方の名字や氏名を記載いたします。

> 「のし紙のご案内」詳しくはこちら


お香典返しの注文はいつまでにしたらよいですか?

 

忌明けの2週間前ごろが目安です

送り先様リストの作成、商品の選択等、必要日数もございます。
ご挨拶状の印刷やご注文内容の確認に十分なお時間をいただくため、なるべく早めにご相談ください。
忌明け日の2週間前ごろが目安となります。
お品物は忌明け日を期して発送できるようご準備いたします。
お急ぎの場合はご相談ください


手配に向けて、まず何をすればよいですか?

 

まずはご弔問頂いた方のリスト作りから

ご弔問者のお名前、ご住所、およびお香典の額を確認し、お返し商品の金額ごとに整理することが重要です。
時期としてはご弔問のお客さまが一段落する二七日忌(14日目)頃が適切です。

> 「大量の個別配送もエクセルで楽々」詳しくはこちら


挨拶状はどのようにしたらよいのですか?

 

ご挨拶状には無料の定型挨拶状、有料で名入れのできる二つ折り挨拶状、巻紙式挨拶状がございます

本来、お香典返しのお品物はご挨拶を兼ね持参するものとされていました。
配送でお届けする場合は、ご挨拶状を添えるのが一般的で礼儀にかなうものとされています。
ご挨拶状には無料の定型挨拶状、有料で名入れのできる二つ折り挨拶状、巻紙式挨拶状をご用意しております。
名入れ形式のものは仏式・神式、仏式で戒名入り・戒名なしなどがございます。
ご用命の際には、仏式の戒名・法名・法号、神式の命名に誤りがないよう、楷書でご記入・ご確認いただきますようお願いいたします。
名入れご挨拶状の作成には7日ほどの日数をいただいておりますので、なるべくお早めにご用命いただきますようお願いいたします。

> 「同封する挨拶状について」詳しくはこちら


差出人はどうしたらよいですか?

 

通常、挨拶状の差出人は喪主となります

挨拶状の差出人は喪主とし、喪主以外の遺族が自分の関係者へお返しするときも差出人は喪主にし、自分の名前とお礼の言葉を書き添えるようにしましょう。

> 「同封する挨拶状について」詳しくはこちら


喪主と施主の違いは?

 

一般的な葬儀では、喪主と施主を同じ人がつとめる形が一番多いでしょう

喪主とは葬儀の主権者的立場の人の事を言います。分かりやすく言うと弔問を受ける葬家の代表です。
亡くなられた方の配偶者、長男や子供がなるのが一般的のようです。施主とは“布施する主”の意味で、葬儀の金銭面の負担をする人の事です。
配偶者の方が喪主をつとめ、長男や子供が施主をつとめるのも多い様です。
社葬などの場合には喪主が遺族で施主が企業となります。


 

-香典返しのマナーにつきましてお気軽にご相談ください-

ご不明の点、ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は直接お電話頂ければ、より迅速な対応が可能です。
詳細にわたりご相談、ご提案いたします

香典返しのマナーにつきましてお気軽にご相談ください

arrow

卸値で直販のため、取扱いメーカー・カタログ名をホームページ上で表示できませんまずは無料サンプル&仮見積をご請求ください。平日15時までお申込で即日発送いたします

スタッフ

サンプル請求・お問合せはお電話でも歓迎です
大口・お急ぎの方もどうぞご相談ください

0120-975-745

ご予定のコースと数量で見積即答いたします

通話料無料/携帯・PHS可 月~金 10~18時

お客様のご要望に合わせて、私たちが
最適なカタログギフトを提案いたします。

まずは無料サンプルカタログ(実物)にて
内容をご確認ください。
もちろん無理な売り込みはいたしません

インターネットやメールが苦手な方も、
お気軽にお電話ください。

カタログギフトのことはもちろん、
香典返しや冠婚葬祭に関するご質問にも
喜んでお応えいたします

スタッフ
ページの一番上へ
サイトメニューへ